環境への取り組みについて

CO2削減率90%以上!床を壊さず修正するアップコン工法

今までは

沈んだ床を壊して取り払い、再度コンクリートを流し込む『コンクリート打替え工法』で修正。騒音、ほこり、振動があり、更には産業廃棄物(コンクリート塊)も発生し、工期も長くかかりました。

コンクリート打換工法


アップコンなら

既設床そのまま利用し、沈んだ床を元のレベルに戻します。
床を壊さないので、『コンクリート打替え工』に比べ、CO2排出量を大幅に削減した工法です。

アップコン工法

CO2はどれ位削減しているのか?

ライフサイクルアセスメントの概念からCO2排出量を算出

ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment: LCA)とは製品やサービスの環境への影響を評価する手法のことをいいます。
対象とする製品を生み出す資源の採掘から素材の製造・生産だけでなく、製品の使用・廃棄段階までライフサイクル全体を考慮し、資源消費量や排出量を求め、その環境への影響を総合的に評価するもの。

LCAの概念に基づきCO2排出量を比較

これは、1,000㎡の床沈下修正で、スギの木 約3,300本のCO2吸収量に相当

※株式会社リサイクルワン(環境専門コンサルティング)監修



低CO2川崎パイロットブランド '11にも選定

アップコン工法は、ライフサイクル全体でCO2削減に貢献している技術として、川崎市より、低CO2川崎パイロットブランド'11の製品・技術部門に選定されている技術です。

環境にやさしい硬質発泡ウレタン樹脂

A液(ポリオール)とB液(イソシアネート)

硬質発泡ウレタンとは、A液(ポリオール)とB液(イソシアネート)の2液が、短時間で、液体⇒クリーム状態⇒ゲル状態⇒固体と化学反応により状態を変えながら形成される樹脂です。日本パフテム株式会社と共同開発した、フロン・代替フロンを発生しない完全ノンフロン材を使用しています。水や海水並びに土中に含まれる他のほとんどの物質に対して溶融しないので、土壌汚染を起こしません。

騒音・ほこり・振動がほとんどない静かな現場

床を壊さず施工するので、騒音・振動がほとんどありません。樹脂注入孔を削孔する際コンクリートの埃が発生しますが、集塵機を併用して作業をするので、ほこりもほとんどありません。また、産業廃棄物(コンクリート塊)も発生しません。
(※但し、樹脂注入孔を削孔する際、振動ドリル音はあります。)

24時間営業の大型店舗。夜間に施工。

樹脂注入孔の削孔作業

ウレタン樹脂注入作業(床沈下修正作業)

大型店舗(24時間営業)の床沈下修正工事。施工計画に基づいて、立入制限を行いながら施工。制限エリア以外の場所は営業中。(※夜間にて作業)